XBOX360から大きく変わったというか、Windows8ぽくなったXBOX ONEのダ
ッシュボード。そちらについて少しご紹介したいと思います。

dash_borad_title

上記画像がXBOX ONEのダッシュボード画面です。現在中央に映し出されている
のが現在プレイ中のゲームやアプリなどです。ゲームプレイ中にダッシュボードに戻
り、ほかの機能にアクセスしたりすることが可能です。例えばマケプレにアクセスし
たり、アクティビティを確認したり、スナップ機能を呼び出したりとパソコンみたいに
扱うことが出来ます。では少しご紹介。

全体的にかなりシンプルになったダッシュボード。最初はどこになにがあるか全然
わからなくて苦労しました。上の画像を見て気づいた方もいると思いますが、「辰砂」
と表示されてますよね。これはWindowsLiveIDの名前を引っ張ってきているので、
本名で登録していると本名が表示されます。オフにする方法は見当たらなかったの
で、事前に名前を変更しておくと良いかもしれません。

さて、XBOX ONEにもマイピン機能は存在しています。360と違い、メイン画面から
LBを押せばすぐ呼び出すことが出来、必要なアプリをすぐ立ち上げることができます
ね。配信タイトルや実績のタイルを登録しておくとかなり捗りますね。

xbox_one_mypin

次にマケプレ。
ここは仕様が変わっており、本体の地域設定がマケプレにも適用されます。360時
代はタグの地域によってアクセスするマケプレの地域が選択されていましたが、
XBOX ONEでは本体の地域設定によってアクセス先が変わります。
私の場合、メインタグである日本タグでインしていますが本体の地域はカナダに設
定(日本は一覧にない)してある為、日本タグでもカナダのマケプレにアクセスする
ことが出来ます。該当地域の支払い手段をもっていれば、日本タグでも海外のマケ
プレで商品を購入することが出来るみたいですが、360時代に作った海外タグを運
用するのが楽かなと思います。ただその辺はすべて自己責任で。

xbox_one_markec

XBOX ONEのマケプレにアクセスするとこんな感じで表示されます。
かなりシンプルになっており個人的には探しやすくていいかなという感じでした。
360時代のマケプレは横にずらーっと並んでいて、追加コンテンツとか一部タイトル
のDLCが大量に来るとマケプレが制圧される事態もありましたしね。XBOX ONEで
もそういったことが起きる可能性はあると思いますが、見やすくなったのでその辺の
ストレスは少し解消されるかなと思います。
下記に、ゲームの新着の一覧画面を。XBOX ONEではパッケージの発売日にDL
版も同時配信とのことですので、ロンチタイトルがずらりと並んでいました。

xbox_one_store

気になっていた、クリムゾンドラゴンやロコサイクルも日本から購入することは可能
でした。続いてはアクティビティ機能ですね。フレンドやフォロワーが何をしたという
のが見れるようになっていますね。なんの実績を解除したとか、こんな動画アップし
たよ、いついつこのゲームをやってたよという感じですね。本体の機能を使ってゲ
ームの動画を録画したりも出来、現在はフレンドやフォロワーの間で共有出来るよ
うになっています。アップロードに関しては現在はskydriveにのみですね。

xbox_one_active

アイコンが他のかたより大きいのはXBOX ONE用のアイコンに設定してるからですね。
さて最後に実績について。基本的に360から大きくは変わっていません・・・といったら
嘘ですね。360でいうところの、XBLAタイトルの実績が1000になっています。お値段
も少しあがっていますが、ここは仕方ないところだと思いますが1000になったのは大き
いですね。XBLAは200→400と引き上げられ、XBOX ONEで1000となりましたね。
200→400になったときの感動したのに、1000にまで引き上げられ号泣レベルでした。
実績200時代はゲームによって詰め込みすぎてて、実績解除の難易度が高いゲームも
珍しくなかったですね。

ここで一つ、TwitsPixelの新作LocoCycleの実績を。実績の数は多くないですが、
実績は1000までありますね。と、何か見慣れないものがありますね。

xbox_one_zisseki

なんやこのおっさんの集団は!ではなくて、チャレンジという項目が実績とは
別に追加されましたね。期間限定モノで、期間中に○○を達成しようというものです。
達成したからといって何かもらえるわけではないみたいですが、今後何かあるかもし
れないです。定期的にこういったものが配信されれば、はまったゲームのステータス
として結果が残るので頑張りたいなと思いますね。

そして、実績を解除すると360時代は解除後アイコンが見れるようになっていまし
たが、XBOX ONEではアイコンに加え一枚絵が追加されています。少しリッチに
なった感じで、なかなか面白い試みだなと思いましたね。ギャルゲとかと相性良さ
そうかなと思ってみたり。

xbox_one_achivements

ほかにも、アプリにも実績がついているものがありますね。ただ0Gだったりします。
Twitchというゲームの実況配信サイトを視聴するアプリにも実績があったりしますね。

xbox_one_twitch

実績によっては、今これぐらいまで解除状況が進んでるよと%で表示してくれたりも
します。実績について真面目に考えてくれてるあたりは好感もてますね。
さて最後にスナップ機能。これが便利すぎていかんですね・・・。
こんな感じでゲームやりながら別のアプリを起動してこんな感じに。

xbox_one_snap

ゲームやりながらTwitchを見たり、海外で配信されてるアプリですとNFLを見たりす
ることも出来ますね。他にもゲームの録画アプリを走らせたりすることもできてかなり
便利ですね。しかし、いざ使ってみるとそんな見てる余裕ないって・・・という感じでした。
作業ゲーやってるときはいいかなという感じはしますね。

っと、ほんの一部をざっくりと紹介しましたがこんな感じです。
360時代と比べると慣れるまでは使いづらい部分はいろいろありましたが、今では
快適に使えていますね。360時代はゲームをしていたらほかの機能は殆ど使えず、
ゲームを終了するまでゲームしか出来ないような感じでしたしね。
XBOX ONEではゲームを起動した状態でほかのことも色々出来ますし、インスト
ール途中でもXBLAタイトルなどを遊べたりしますし、インストールが一定のところ
までいくとゲームを遊ぶこともできます。ほんといろいろと便利になっています。

インストール中に遊んでも全然ゲームに支障はないですし、音も静かです。360の
時はインストールの時ディスクフル回転で結構うるさかったですしね。
ただ静かすぎて、インストール中にゲームを開始し終わる前にゲームを終了して
本体の電源を落とそうとしたらまだインストール中で焦ったことはあります。
最後にちょっとしたことですが、ポコンと通知が表示されるバーの色はかえれます。

xbox_one_color

っと今日はこの辺で!
まだ紹介できてない部分がいろいろありますが、次回はデッドライジング3について紹介
出来ればなと思います。デッドラ3ということで、1にあったモツ抜きが3でもありましたが、
キルストリーク技なのでフランクさんみたいに多用は出来ません。ではでは。



書き忘れていると思いますが、現在言語設定に日本語はありません。
今後地域や言語に日本が追加されるかも不明ですので、輸入本体を買う場合はそう
いった部分のリスクも頭にいれておいてください。