sot_angou

英語が苦手な私にとって、最大の鬼門になるであろう暗号文の解読がいよいよやってまいりました。宝探しのレベルが10以上になると、宝の地図以外に暗号文を解読して宝を探すミッションが出てくることがあります。15からはその応用編もあります。

実際のところ文章が読めなくても、単語とかをネットの翻訳ページなどに突っ込んで調べていけば解けるぐらいには易しめの難易度となっています。ではどんな感じか紹介していきます。

まずクエストを開始すると地図ではなく、こんな暗号文をもらえます。

sot_angou_sonoiti

1.島の名前を探してみよう

「Glinting,gleaming,shining,twikling,on Snake Island I have an inkling」

と、最初の暗号文。嫌ですよね、こういう長文。まず、最初に読める文章には島の名前が書いてあります。今回は島の名前がわかりやすいですね、「Snake Island」が島の名前です。島の名前がわかったらその島の名前に向かいます。到着すると次の暗号文が読めるようになります。

sot_angou_tugi

2.宝の近くの目印を探そう

島につくと次の暗号が浮き出てきます。基本的に宝箱の近くには何か目印みたいなものがあり、そこからどこかの方角に何歩いき更に書かれてる別の方角を掘るとビンゴという感じです。なので、それっぽい単語を見つけると展開がはやいですがそれでも見つからない時は全然見つからないので、この手のゲームではあるあるな感じですね。

今回は頭から読み解いていきましょう。

「find the three tallest palms on the far east island」

見つける、3つの高いpalms(ヤシの木)、遠い東の島、こんな適当でも大丈夫です。宝箱の近くにあるオブジェクトのヒントが書いてあります。今回の島の場合小島が何個かある島なので、そのなかで一番東にあるところというのがヒントですね。そこにある背の高いヤシの木3本を探します。見つからない場合は、無視しても大丈夫です。オブジェクトがなにかわかれば大丈夫なので。

sot_palms

たぶんこれでしょう。続いて読んでみましょう。

「this merry dance」

メリーダンスってなに・・・?とりあえずダンスなので踊ってるというのがヒントということでしょうか。踊っている何かを探してみましょう。場所が間違っていなければ、それっぽいものがみつかると思います。

sot_dance

おそらくこれでしょう。踊っていると思われるものです。で、ここまできたら間違っていなければ宝はすぐそばです。

8 paces South East and break the earth

8歩南東にいき地球を壊す。掘れということですね。今回はその石板の前から南東に8歩歩きましょう。コンパスを装備して、「LT」で拡大表示してる間は牛歩になり、1歩歩くたびにコントローラが振動するのでそれを参考に8歩。ちょんちょんではなく、スティックを倒しきった方がいいです。

sot_hougaku

8歩歩いたらシャベルで掘ってみましょう。しかしあってるはずなのにでない・・・なんてことも多々あると思います。その場合は周囲を掘って、それでもダメな場合は歩きなおしてみましょう。たまに右とか左とか書いてあることがありますがそれが、スタート位置のヒントなのかはまだわかってないです。全然でない場合はそれを参考にスタート位置をズラしてみるのもいいとおもいます。今回はそういう指示がないので、石板の前から8歩・・・でビンゴでした。

sot_takaradayo

こんな感じです。10からは必ず暗号文になるわけではなく普通に宝の地図もでます。15からは応用編がはじまりますが、基本はこれと変わらないですがまた次回あたりに紹介したいと思います。それでは良き宝探しライフを!